ペット引越しのコツを3つ紹介します。 ・ペットは自分で運ぶ ・専門業者に頼む ・酔い止めをもらっておく この3つがペット引越しのコツになります。 まず、1つ目のペットは自分で運ぶについてですが、引越しの際は、ペットは貨物扱いとなってしまいます。 そのため、万一、ペットが逃げてしまったり、病気になったり、ペットの身に何かあったとしても、補償はされません。 また、ペットがいなくなったり、怪我をしたりしたら、お金で補償されても仕方がないという人も多いと思います。 大切な家族であるペットは、引越し後に後悔しないためにも、自分で運ぶようにしましょう。 次に、2つ目の専門業者に頼むについてですが、近年ではペットと一緒に引越しができる専門の業者もあります。 引越しの際には、ペットは小さなバッグなどに入れられ、身動きがあまりできない状態で、環境の激変に耐えなくてはいけません。 性格などの個体差もありますが、ほとんどのペットにとっては、大きなストレス、負担になります。 でも、ペットと一緒に引越しができる業者であれば、そのような負担を軽減することができるでしょう。 最後に、3つ目の酔い止めをもらっておくについてですが、引越し先まで移動する際、車などでペットが酔ってしまうことがあります。 それを防ぐために、事前に動物病院で引越しの旨を伝えて獣医に相談し、酔い止めをもらっておくといいですね。